DIA(超微結晶ダイヤコーティング・DGコーティング)


DIAの加工事例

  1. アルミニウム合金のドライ加工
  2. 銅に対する切削
  3. MMCに対する切削
  4. グラファイト専用コーティング

1. アルミニウム合金のドライ加工

アルミニウム合金は溶着が発生しやすく、ドライ切削が困難ですが、DIA(超微結晶ダイヤモンドコーティング・DGコーティング)を施すことにより、エアブローによる高速ドライ加工が可能になります。 また、DIA(超微結晶ダイヤモンドコーティング・DGコーティング)は耐摩耗性にも優れているため、ハイシリコンアルミニウム合金の切削においても、工具の寿命が飛躍的に向上します。

アルミニウム合金のドライ加工 加工条件

使用工具 超微結晶ダイヤモンドコーティング2枚刃
超硬エンドミル
サ イ ズ Ф10
被削材質 ADC12、A7075
切削速度 400m/min(12,800min-1)
送り速度 1,280mm/min(0.05mm/t)
切削方法 側面切削(ダウンカット)
切込深さ aa=15mm, ar=1mm
切削油剤 エアブロー
使用機器 横形マシニングセンタ(BT40)

アルミニウム合金のドライ加工 加工結果

アルミニウム合金ADC12およびアルミニウムA7075を切削した際の性能です。

アルミニウム合金ADC12

[表]アルミニウム合金ADC12のドライ加工

アルミニウムA7075

[表]アルミニウム7075のドライ加工